貴方の周りの松下さんは?

全国各地にいる松下さんについての情報を集めてみました。全国的に松下さんは身長がこのくらいとか、好きな食べ物とか色々なデーターが満載です

きみの松下 翔

2014-07-12

は、単に体重を落とせばいいというものではありません。
健康的に綺麗に痩せて、はじめて成功といえると思います。
そのためには、ほんの少しでもを取り入れるのがベストなんです。

そもそも食事制限だけのでは細くはなりますが、
綺麗に痩せることはかなり難しいといえます。

なぜなら、食事制限だけのは
に必要な組織からも栄養を奪ってしまうからです。

いらないのは脂肪だけなのに、肝心の栄養も無くなってしまう・・・
結果として細いけど、
ガリガリで見た目も気持ち悪いになってしまいます。

細いけどガリガリなと、
細くてしなやかなだったら
いうまでもなく後者の方が、綺麗でなにより健康的ですよね!

そのためにも適度にすることが必須条件なんです!
とは言え、決してハードなの必要はありません。

ハードなは
やる気満々の最初のうちは行っていても気分がいいものですが、
そのうち無理が出てきてがつらくなり、
返ってストレスとなりの妨げになることがあります。

無理がかからない程度のを、長く続けるようにしましょう。
日常生活の中でもできるはたくさんあります。

通勤電車やバスを一駅手前で降りて少し多めに歩く、
エレベータやエスカレータを使うのを控えてなるべく階段を使う、
に自動車で行っていたのを、自転車で行くようにするなど。

工夫次第でできるチャンスは
日常の中にいくらでもあるのです!

食べ過ぎない事はにおいて確かに重要です。
それ自体は間違いではありません。

ですがを中心としたの方が、
綺麗に痩せられて、なにより成功しやすいんです!

ひとしの松下 幸敏

2014-07-09

はが苦手でした。

には
食事とをバランスよくとることが大切ですよね。
解ってはいても、なかなかは続かない。
しなくては!と思うと、億劫になってしまう・・・

では、が億劫にならない為にはどうしたらいいか?
はを始めた頃、色々考えて、試しました。

そして、見つけた答えは、
趣味やの行動を運動にする!という事です。

趣味や日課になっている事がに繋がれば、
に対する気持ちもかわりますよね。
好きな事をやって、それがになっているなら、
苦にもならないですもんね!

例えば、に歩いて行くという趣味をもち、
散歩を兼ねたウォーキングにする。
これなら、強制感がなく続けられると思いまし、
嫌々ではなく続けられると思います。

は、
が苦手だからと言って、
食事だけに頼ろうとしていませんか?

それでは、太りにくいを作るにはなりません!

は様々なをやりましたが、
食事との両方を毎日バランスよく!
これが一番効果があり、また体質改善に繋がりました。

どちらか一方に偏ったをしてしまうと、
のバランスも偏ってしまうのです。
これでは、たとえ痩せることが出来たとしても、
体質までを変える事は出来ないでしょう。

を始めたのに、
があまり出来ていないのなら・・・
趣味でを賄うことをお勧めします!

せっかくを始めたのですから、
太りにくいを作りましょう!

あゆの松下 名言

2014-07-08

人気食べ物ランキングの上位の常連と言えば、!
麺や具はもちろんのことスープもおいしいですよね。
だけどこのスープが、結構高カロリーだったりします…

の種類にもよるのですが、
ラードがたくさん溶けているようなこってり系のの場合は、
スープだけでも約200キロカロリーもあるそうですよ。

のスープの表面を見れば、
の敵とも言える脂の球がたくさん浮いていて、
いかにも高カロリーだということが一目瞭然ですね。

ただでさえは高カロリーなものが多いのに、
+200キロカロリーは、的には痛い数字です。

さらにこうしたこってり系のスープを飲み干すと、
決まってのどがかわきます。
塩分が高いから当然ですよね。

しかも困ったことに、
こうした塩分高めのものを食べた後って、飲み物も
ジュースなどの甘いものがほしくなりがち…

高カロリー+糖分=赤信号!
ということはいうまでもありません。

油脂分と糖分を同時に摂ると、
ほぼ間違いなく脂肪として体に蓄えられてしまうという説も…
スープを飲み干して、さらにジュースを飲むなんて
を拒否しているようなものです。

ですから、
おいしいを食べた時は、スープも飲み干したくなりますが、
そこはグッと我慢する習慣を身に着けたほうが懸命です。

せいぜいスープを飲むとしても、
半分ぐらいにおさえるのが的には無難です。
また食後にのどが渇いても、
なるべくお茶や水をチョイスしましょう!

小さな積み重ねかもしれませんが、に成功する人は、
こうした努力をしている人が多いようです。

少しずつでいいので、、
食生活を向きにしていきましょう!

あさみの松下 雄一郎

2014-07-06

はを始めて以来、
体重と体脂肪をチェックし、
記録として書き留めています。

そして、パソコン上での食事内容と
時間を管理しています。
パソコン、ブログ、日記など何でも構わないので、
記録を残すことは大切だと思います。

記録があると、
何を食べてに成功し、
何を食べてしたかがすぐにわかるだけでなく、
不足や不規則な生活習慣になっていないかをもチェックできます。

「、、、おやつに何をどこで食べたのか?」を記録すれば、
「の総カロリー」がわかり、
「なぜリバウンドしてしまったのか?」
「なぜ必要以上に食べてしまったのか?」などの原因も究明できます。
そして、明日からのに活かすことができるんです。

が記録を書き留める最大の理由は、
記録がを続けるモチベーションになるからです。

少しずつ体重や体脂肪が減っていく快感は、
体験した人にしかわからない大きな喜びだと思います。

このような喜びをたくさん味わうためにも、
記録は欠かせない存在なんです。

また、食事内容と時間を知ることができれば、
何が原因でに成功したり、
失敗したりするのかを検討することができ、
同じミスを防ぐことができます。

同じミスを繰り返さなければ、
それだけ早く目標を達成することができるので、
一足早くの我慢から開放されますよ。

巌の松下 カタログ

2014-07-04

の頃、好き嫌いをするとに怒られたものです。
「食べ物を残すことは良くない」と教えられ、
今では「大切な教えだな」と納得しています。

しかし、を実践している間は、
好き嫌いをした方がの成功率が高まるような気がします。

の中での天敵と言えば、「最後の一口」です。
とりあえずいっぱいなんだけど、
あと一口で全部食べてしまえるケースってありますよね。
そんなとき、ならどうしますか?

を始める前のなら、
間違いなく「最後の一口」を自分で食べたでしょう。
しかし、この「最後の一口」が肥満の大きな原因だと知ってからは
食べないように心がけています。

中は…
「食べたいものだけを食べる」
「嫌いなものは食べない」
「余ったら人にあげる」
以上の3点を実践しましょう。
これだけで、かなりの食事制限になりますよ!

自分ので消化しなくても、
他人ので消化してもらえば、
食べ物を粗末にすることもありません。

人が食べている物がおいしく見えることがありますが、
そこは我慢、我慢。

を成功させるためには、
「食べすぎかな?」と感じたら、食べない勇気も必要ですよ。
標準体重に戻れば、普通に食べることができるので、それまでの我慢です。

好き嫌いをせず、何でも食べる方が健康的なんでしょうが、
好き嫌いをせず、何でも食べまくって肥満になったのなら、
まずは、をして、
肥満を解消するのが健康的だと思いませんか?

Copyright© 2014 貴方の周りの松下さんは? All Rights Reserved.